強アルカリイオン電解水

強アルカリイオン電解水は非常に強い洗浄力を持った「水」です

水道水を特殊なフィールターを通し純水にしたものを特殊な方法で電気分解し
pH12.5まで高めた自然界には存在しない強力な洗浄力をもった「水」です。
強アルカリイオン電解水の成分は99・9パーセント「水」です。一般的な化学合成洗剤と違い
科学合成物質や界面活性剤を一切含みませんので「環境にとても優しい」
洗浄水です。
当然「水」で作業していますので泡立ちもなく洗浄作業後残留洗剤分が残りません。
長い間、化学合成洗剤で作業していたところでは残留洗剤分により泡が立つこともありますが・・・。

強アルカリイオン電解水の特徴

1.優れた洗浄力
  水を電気分解することで水の分子が細かくなり汚れに浸透しやすくなり清掃対象物から汚れを強力に 解離、分解します。

2.環境に優しい
  
合成洗剤と違い界面活性剤や化学合成物質を一切含みませんので環境に負担をかけません。
   洗浄作業後に泡も立ちませんので汚水の処理の面でも環境問題に適合いたします。
3.除菌・消臭効果
  
pH12.5の強アルカリイオン電解水は強い除菌効果を発揮しますので清掃と同時に除菌することが出来ます。
4.安全性
  
人体に対する安全性が高く、安全性確認指数で「無刺激物」の評価を得ています。公的機関による成分分析結果は以下のとおりです。
  
液性
  
強アルカリ性  pH12.5  無色 透明 無臭 苦味
  
清掃に使用する際の安全性(成分分析結果)
  
事故引火性・発火性・爆発限界・可燃性・酸化性        無し
  銅・鉄・亜鉛・鉛および化合物                不検出
  陰イオン界面活性剤・非イオン界面活性剤           不検出
  塩化物イオン・有機物質                   不検出
  生物化学的酸素要求量(BOD)・科学的酸素要求量(COD) 不検出


強アルカリイオン電解水で汚れが落ちる仕組み

強アルカリイオン電解水は特殊な方法で電気分解して生成されていますので、水の分子が非常に細かくなり
汚れにすばやく浸透する力を持っています。汚れのほとんどは油汚れに代表される「酸性」の汚れです。
酸性の汚れに強いアルカリ性を浸透させることで汚れが分解され脂肪酸(石鹸の原料です)が生成されます。
この脂肪酸が界面活性剤の役割を果たし清掃対象物から汚れを解離・分解します。
解離・分解された汚れは白く濁った水となりますのでこれをふき取るだけで後には何も残りません。

強アルカリイオン電解水で清掃を行うメリット

洗剤に含まれる界面活性剤は汚れを界面(清掃対象物)から解離させる力と同時にすすぎ作業が
不十分な場合再び汚れを吸着する性質を併せ持っています。
すすぎ不足=またすぐに汚れてしまうということになり、これを「2次汚染」といいます。
例えば、レンジフードのカバーなどをご自分でクリーニングした場合
「綺麗になったのになんとなくベタついている」などといったことがよくあると思います。
実はこの「ベタベタ」「ヌルヌル」感が非常に厄介なのです。
この状態でクリーニングを終了すると「2次汚染」が始まります。
クリーニング作業時に界面活性剤を含まない強アルカリイオン電解水を使用するとすすぎの必要がありませんので
洗浄作業後すすぎ作業不足による残留洗剤成分が残らず
清掃後の「べたべた」感がなく「サラッ」と仕上がり「2次汚染」の心配がありません。

札幌のハウスクリーニング 旭日綜合美研
北海道札幌市白石区本郷通1丁目北4−1
フリーダイヤル 0120−722-664 FAX 011−865−2887

強アルカリイオン電解水を使用した清掃サービスのご用命はこちらまで